俳優

青木柚(俳優)の子役時代の画像あり!現在が演技上手すぎ?熱愛彼女は誰?

投稿日:

NHK連続テレビ小説『カムカムエブリバディ』で主人公の弟役に抜擢され、今まさに勢いに乗っている俳優の青木柚(あおき ゆず)さん。これまで数々の作品に出演を重ねる中で、「童顔」なルックスとは裏腹にその演技力の高さも評価されています。

そんな青木柚さんは、かつて「子役」としても活動していたそうですが、今やすっかりと大人の男性へと成長を遂げており、当時を知る人の間では様々な噂や憶測も飛び交っているようです。

そこで今回は青木柚さんに対して今まさに囁かれている気になる話題について調査していきたいと思います。最後まで気軽にお付き合いください♪

プロフィール

【引用元】http://www.webdice.jp/topics/detail/5890/

名前:青木柚(あおき ゆず)

生年月日:2001年2月4日

(現在21歳)

出身地:神奈川県

血液型:AB型

身長:166cm

職業:俳優

事務所:ユマニテ

経 歴

幼い頃から映画やドラマが大好きで、同い年の元子役・加藤清史郎(かとう せいしろう)さんがテレビで活躍する姿に憧れを抱いていたという青木柚さん。

「母親」を説得した結果、2010年に『劇団ひまわり』に所属し、「子役」としての活動を開始。同事務所には2019年4月まで在籍しており、その間に様々な作品に出演を重ねています。

【引用元】https://douganow.jp/tag/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E6%9F%9A

また、「子役」としてのみならず、アニメ作品や吹き替え作品の「声優」としても活動する青木柚さんは、アニメ『TERRAFORMERS』『GODZILLA ゴジラ』などの話題作にも起用されています。

その後、2021年1月に現在の所属事務所『ユマニテ』に所属することとなっていますが、高い演技力を武器に「子役」から「俳優」へと脱皮し、今や「実力派俳優」としての呼び声も高い青木柚さんですね。

子役時代の画像あり!

経歴でもご紹介した通り、小学生の頃に「子役」としてデビューし、映画やドラマなど数々の作品に出演を重ねている青木柚さん。一方で、「子役時代」の様子があまり記憶されていないという声も挙がっていることから、当時の「画像」をチェックしていくことにしましょう。

【引用元】https://yumeijinhensachi.com/archives/2210105

いかがでしょうか?

こちらは小学生時代の青木柚さんになるのですが、いかにも「子役」といった感じで可愛らしく、線が細くてか弱い印象を受けますね。

その後、成長を重ねていく青木柚さんですが、中学生、高校生になっても「童顔」なルックスはそのままで、良い意味であどけなさが消えていないように思えます。

【引用元】https://www.toei.co.jp/tv/gaimu/story/1203593_2163.html

また一方で、どこか思春期さながらの雰囲気を纏いながらも、大人っぽい役を演じたりと、まさに「カメレオン俳優」と呼び声も高い青木柚さん。

演じる役柄に合わせて印象をガラッと変えるほどの演技力で、当時から既に「子役」のレベルを遥かに凌駕していたことが想像されますね。

(※その他にも子役時代が話題になっている方はこちら!!)

⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩

畑芽育の水着姿の画像は!ハーフでかわいい?子役時代と顔変わった?

田辺桃子が子役時代と顔変わった?現在が老け顔で可愛くない?すっぴん画像も!

桜田ひよりの水着姿がかわいい!子役時代と顔変わった?唇たらこで残念?

現在が演技上手すぎ?

演じる役柄を憑依させ、作品ごとに印象がガラッと変わる、「カメレオン俳優」としても知られる青木柚さんの演技力の高さには大きな反響が寄せられています。

撮影に立ち会ったカメラマンからは、「独特の湿度感がある」と言われるほど、個性的な雰囲気を見に纏う彼ですが、その凄さを確認する為に、これまで演じてきた役柄を以下にまとめてみました。

ドラマ『生徒が人生をやり直せる学校』(2021年)

  • 茶髪とピアス姿で問題を抱えるチャラい高校生役

映画『うみべの女の子』(2021年)

  • 中学生で思春期の性を深めていく、大胆で繊細な男の子

【引用元】https://www.crank-in.net/gallery/news/87789/3

ドラマ『アノニマス警視庁”指殺人”対策室』(2021年)

  • 殺人を犯した医者の息子で高校生

ドラマ『きれいのくに』(2021年)

  • 不思議な世界に生きる丸刈りのリアルな感情をもった高校生

ドラマ『プロミスシンデレラ』(2021年)

  • 荷物持ちをさせられるメガネの高校生

上記の作品は何れも2021年に出演したものとなりますが、どれも同じ「学生」という立場でありながらも、全くタイプの違う役柄となっています。

たった一年の間でこれほどの役柄を演じ分けることは俳優としてかなりハードルが高いように思えますが、青木柚さんの場合はどの役柄にも浸透し、それぞれで高い評価を受けているのです。

【引用元】https://tamachikunoume.com/aokiyuzu-profile-koukousei-15791

青木柚さん自身は難しいとも言える役作りに対して、「どの役でもそうですけど、自分のなかで今までできたものをひっぱり出すことが多いです。」と語っています。また、幼い頃は人前でマイクを持って歌ったり踊ったりするような子供だったそうですが、成長するにつれて性格や俳優業に対する意識も変化していったことを明かしています。

そんな彼のターニングポイントとなったのが、2016年に公開された映画『14の夜』となります。当時中学生でオーディションを経てメインキャストの座を掴み取ったのですが、同世代の共演者の影響も大きかったそうで、スタッフとの関わりなども学び、俳優としての活動が本格的になっていったようです。

【引用元】http://2016.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=59

当時は自身の事を「ある程度はできるけれど、突出したすごいところはない。」と感じていたそうですが、そんな真面目さと謙虚な姿勢が現在の青木柚さんの原点となっているのかもしれませんね。

熱愛彼女は誰?

最後になりましたが、現在はまさにお年頃とも言える青木柚さんの恋愛関係の話題についてもチェックしてみたいと思います。

しかし、「子役」出身の俳優や女優はガードが固いとの噂通りに、青木柚さんについても「熱愛」「彼女」などの情報は一切掴むことができませんでした。

【引用元】https://crea.bunshun.jp/articles/-/33701

現在は俳優として活動する傍ら、「大学」にも通っている青木柚さん。独特なオーラと雰囲気を見に纏うことから、その魅力に惹かれる女性も少なくはないはずですが、今は恋愛よりも仕事を優先したい時期なのかもしれませんね。

しかし、役者としては今後リアルな恋愛を経験することで演技の幅が広がり、深みが増すことも期待されることから、引続きこれからの恋愛動向には注目していきたいものですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回の調査でも見てきたように、これまで様々な役柄を演じており、その作品ごとで異なる魅力を多く発信してきた青木柚さん。

独特な雰囲気とオーラから、自然と人々を惹きつける魅力を持つ彼が、今後どのような活躍を見せてくれるのか楽しみです。引続き、その動向を追っていきたいと思います!最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♪

-俳優
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ThePickUp , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.