YouTuber

たすくこまの結婚相手の嫁は?歌うまいのにやめたのはなぜ!昔は蕎麦屋の店長?

更新日:

持ち前の大きな体型をネタに絶妙な「替え歌」を披露し、数多くのおもしろ動画も配信する「YouTuber」たすくこまさん。

今やチャンネル登録者数は130万人を超え、動画の総再生回数は4億回に届きそうな勢いにあると、まさに今後のブレイクが期待されていますが、知名度が高まるにつれてネットでは様々な話題が飛び交うようになっているようです。

そこで今回はたすくこまさんに対して今まさに囁かれている気になる噂について調査していきたいと思います。最後まで気軽にお付き合いください♪

プロフィール

【引用元】https://shounen-japan.net/movie/youtuber/443/

名前:たすくこま

本名:小間 侑(こま たすく)

生年月日:1991年5月30日

(現在31歳)

出身地:宮城県

血液型:B型

身長:180cm

職業:YouTuber

事務所:株式会社プリープ

経 歴

小さな頃から、音楽と人を笑わせることが好きだったというたすくこまさん。「身近な人を笑わせたい」との想いで、2011年頃から自らの体型をネタにした「替え歌」をYouTubeで投稿し始めます。

【引用元】https://mr-babe.com/2017/09/5592

そんな彼が注目を集めるきっかけとなったのが、合唱曲『旅立ちの日に』の替え歌『デブ達の日々』になります。原曲の感動的なイメージとハーモニーはそのままに、食べ物をめぐるコミカルな内容が大きな反響を呼び、視聴回数は公開から1年で780万回、2年で1,265万回を超える大ヒットとなりました。

その後は替え歌のみならず、アニメのパロディネタにも分野を広げると、現在ではオリジナルアニメ『ドゥフアニメwww』がシュールであると話題となり、「ネクストブレイク」が期待される「YouTuber」としてその名が挙がるまでに成長を遂げているたすくこまさんですね。

結婚相手の嫁は?

ネットでは恋愛関係の話題についても注目されているたすくこまさんですが、調べてみたところ、既に「結婚」をしていることが判明しました。

実は過去に自身の生配信動画で、「彼女はいないけれど奥さんはいる。」と明かしているたすくこまさんは、その後、ツイッターにて「少し前に結婚致しました。」と画像を添えて投稿しています。

【引用元】https://pipi1211.com/20200322-1/

こちらの画像では、奥さんは顔を隠した状態のウエディングドレス姿であるものの、大柄なたすくこまさんとは対照的に可愛らしい雰囲気を漂わせています。ちなみに奥さんは「一般人」とのことで、お二人は9年の交際期間を経て、めでたくゴールインとなったようですね。

今でこそ「YouTuber」として生計を立てられるほどに人気者となったたすくこまさんですが、現在の地位を確立するまでの道のりは決して平坦なものではなく、9年もの間、奥さんの献身的な支えがあったことでしょう。

【引用元】https://pipi1211.com/20200322-1/

今後もその活動内容は大きく変わることはないでしょうが、「結婚」して守らなければならない存在ができたことで、これからはたすくこまさんの立ち振る舞いも、より重みが増すことになるかもしれませんね。

(※その他にも結婚相手の嫁が話題になっている方はこちら!!)

⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩

加治将樹が昔が痩せてた&顔変わった?太った理由は?結婚相手の嫁は誰!

キュウ(芸人)清水がつまらない&面白くない?結婚相手の嫁は?子供の画像も!

奥野瑛太の結婚相手の嫁や子供の画像は!昔と顔変わった?目が変で怖い?

歌うまいのにやめたのはなぜ!

元々は自らの体型をネタにした「替え歌」をYouTubeに投稿することが主な内容であったたすくこまさん。その後は有名曲や人気曲にも手を出すようになり、アニメ『ポケットモンスター』の主題歌でも知られる『めざせポケモンマスター』「替え歌」を披露した際には、原曲を歌う声優で歌手の松本梨香(まつもと りか)さんも反応するなど、高い注目を集めています。

【引用元】https://mantan-web.jp/article/20190712dog00m200079000c.html

このように、「替え歌」のクオリティはもちろんのこと、その歌唱力にも定評のあるたすくこまさんですが、巷では「歌をやめた」という、にわかには信じ難い噂も流れています。しかし真相を追及するべく調査してみたところ、「歌をやめた」と言うよりは、「替え歌動画を大量に削除した」とのことが言えそうです。

これはどういうことかと言うと、これまで数々の楽曲の「替え歌」を投稿してきたたすくこまさんですが、「著作権」の関係上、後々のトラブルを避ける為、自主的に規制を行ったようですね。

【引用元】https://nitter.pussthecat.org/kppkpp1

「替え歌」は、歌詞が面白ければ面白いほど人気が出て、多くの視聴者を楽しませることとなりますが、その一方で原曲を愛する人の大切な世界観を壊してしまうことにもなりかねません。

今やチャンネル登録者数は130万人を超え、動画の総再生回数は4億回に届きそうな勢いにあるたすくこまさんだからこそ、観ている人や、原曲の制作者に対して配慮のある行動を取ることを選んだのかもしれません。

【引用元】https://australianfauna.com/article/2032/

しかし、その歌唱力の高さは多くの人々が認めるところであり、これまでには「替え歌」以外に「歌ってみた動画」なども投稿しているたすくこまさん。その他にもオリジナル曲を配信するなど、様々な形で音楽に向き合っていることがわかります。

その為、今後についても「歌をやめる」のではなく、多くの人々が喜ぶ形で彼ならではの歌を披露してほしいものですね。

昔は蕎麦屋の店長?

最後になりましたが、たすくこまさんの意外な経歴について改めておさらいしてみたところ、かつて「蕎麦屋の店長」をしていた経験があると噂されていることがわかりました。

調べてみたところ、どうやらこの噂は事実のようで、高校卒業後に「ゲームセンター」に就職し、「店長」の座に昇り詰めるものの、「このままではだめだ」と思い、「転職」を決意したそうです。

【引用元】https://mr-babe.com/2017/09/5732

その後、父親に誘われて、2015年に「蕎麦屋」を立ち上げ、「店長」として勤務していたというたすくこまさん。気になるお店が、地元である宮城県仙台市にある十割蕎麦会 大野田店』になります。

当時は既に「YouTuber」としても活動していたたすくこまさんは、蕎麦屋の仕事が休みの日や隙間時間に動画配信を行うなど、二足の草鞋を履いて忙しい日々を過ごしていた様子が伝わってきます。

【引用元】https://mr-babe.com/2017/09/5732

また、「YouTuber」として知名度が高まるにつれてファンが蕎麦屋を訪れる機会も増えていったそうですが、2019年には「店長」の座を退き、その後は現在に至るまで「YouTuber」のみの活動となっているようですね。

まとめ

「YouTuber」として着実にファンを増やしていき、今や「ネクストブレイク」が期待されるまでの存在となっているたすくこまさん。

今回の調査ではそんな彼の意外な素顔についても垣間見ることができましたが、現在の境遇やかつての経歴を踏まえて、とても責任感のある人物であるということが伝わってきたように思えます。

これから、ますますの活躍が期待されるたすくこまさんに注目するとともに、その活動を応援していきたいものですね!最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♪

-YouTuber
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ThePickUp , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.